바로가기 메뉴 본문내용 바로가기 메인메뉴 바로가기

주요안내

HOME Sitemap
choose language 한글 ENG 中文 facbook link
menu
close
 
메뉴선택 메뉴 △메뉴 ▽
HOME

제목

프린트하기 주소복사

歴史を変えたあの日の勇気

- 1991年8月4日、故金学順さんが日本軍「慰安婦」に関して初となる公開証言を行う。

根拠法令

日本軍「慰安婦」問題を国内外に発信し、日本軍「慰安婦」被害者をたたえるために制定された国家記念日

根拠法令

「日帝下日本軍慰安婦被害者に対する保護・支援及び記念事業等に関する法律」第11条(記念事業等)
「日帝下日本軍慰安婦被害者に対する保護・支援及び記念事業等に関する法律」第11条の2(日本軍慰安婦被害者をたたえる日)

制定の背景

8月14日は慰安婦の被害者である金学順さん(1924~1977)が初めて日本軍の慰安婦であった事実について証言した日である。金学順さんは1991年8月14日に開かれた記者会見を通じて日本軍「慰安婦」の生存者の中で初めて被害の事実を公開証言した。

初めて公開証言を行った金学順さんの姿に勇気をもらった日本軍「慰安婦」の被害者たちによる証言が次々と寄せられ、これを契機に「慰安婦」問題が人権問題として国内外に広まった。

日本軍「慰安婦」問題を解決するために取り組んできた民間団体らは2012年12月、台湾で開かれた第11回日本軍慰安婦問題解決に向けたアジア連帯会議で毎年8月14日を「世界慰安婦の日」として記念日に定めることを決定した。それを受け、世界の女性・人権団体は2013年から毎年8月14日に日本軍「慰安婦」問題の解決を促す様々なキャンペーンや連帯集会などを繰り広げ、日本軍「慰安婦」問題の解決に向けて取り組んでいる。これに対し、国家としても日本軍「慰安婦」被害者の尊厳・名誉を回復し、女性の人権という観点から日本軍「慰安婦」問題を忘れないために、立法活動が推進された。

2017年9月、国会女性家族委員会において日本軍「慰安婦」被害者の日の制定を柱とした「日帝下の日本軍慰安婦被害者の生活安全支援及び記念事業等に関する法律」の改正案が採択された。続いて、2017年12月、国会本会議で採択されたことにより、毎年8月14日は正式・法的な国家記念日となった。

2018年8月14日は法令改正後、初の記念日として、全国各地で様々なイベントや追悼 会が行われた。

‘慰安婦として初めての証言