바로가기 메뉴 본문내용 바로가기 메인메뉴 바로가기

주요안내

HOME Sitemap
choose language 한글 ENG 中文 facbook link
menu
close
 
메뉴선택 메뉴 △메뉴 ▽
HOME

제목

프린트하기 주소복사

介護者支援

事業目的

被害者の方々が高齢で日本軍「慰安婦」経験の被害による病気のため、医療ニーズが高いため、医療給付から支援されない介護者を支援し、対象者に対する福祉増進に寄与することを目的とする。

根拠

被害者の方々が高齢で日本軍「慰安婦」経験の被害による病気のため、医療ニーズが高いため、医療給付から支援されない介護者を支援し、対象者に対する福祉増進に寄与することを目的とする。

支援の手続

申請 申請
調査 調査
支援決定 支援決定
給付 給付

対象

生活安定支援対象者で以下のいずれかに該当し、介護者が必要な者

  • 「医療法」第3条の規定により開設された医療機関に入院し、治療を受けている者
  • 老人性疾患を患っている者

支援内容

介護者支援は、介護費用の給付の方法による。

표 예제
区分 終日 時間制
病院 一般単価 8万2千ウォン 5万9千ウォンを支給(昼・夜12時間基準)
特殊単価 9万3千ウォン 7万ウォン(昼・夜12時間基準)
家庭 8万2千ウォン
(集中的に介護が必要な場合のみ「終日」を適用)
6万5千ウォン (昼・夜12時間基準)
8千5百9十ウォン(時間当たり, 8時間まで)
  • 家庭介護の場合、介護時間が9時間以下の場合は時間制単価を適用する。10~12時間の場合は最大5万9千ウォン給付
  • 特殊単価の適用基準:
    ① 四肢麻痺、片麻痺に準ずる歩行不可能な状態の場合(四肢麻痺、片麻痺以外の事由については、医師による所見書を添付)
    ②救急室、閉鎖病棟に入院した場合
  • 介護費用の例示単価を超過して申請した場合は、自費負担とする。
  • 終日介護が必要な場合は、意図的な昼・夜の交代は認められない。

一人当たり介護費用の年間限度額は最大1,800万ウォンとする。

  • 年間限度額を超過して執行する必要がある場合、当該の自治体における事業予算の範囲内で、女性家族部による事前承認を受けなければならない。

給付の手続

申請:介護者支援を受けようとする者は、居住地を管轄する市・郡・区に介護費用の給付申請書および必要な書類を添付して提出する。

표 예제
介護費用の給付の申請書類
病院介護の場合 家庭介護の場合
(同一会計月の場合)15日以下を利用 (同一会計月の場合)16日以上を利用
「医療法」第3条規定により開設された医療機関に入院し、治療を受けている場合 短期介護が必要な場合 慢性疾患で継続的な介護が必要な場合

1.介護費用の給付申請書 1部

ダウンロード

2.診療費の計算書または入院確認書1部

1.介護費用の給付申請書 1部

ダウンロード

2.家庭介護サービス 遂行証明書式1部

ダウンロード

1.介護費用の給付申請書 1部

ダウンロード

2.家庭介護サービス 遂行証明書式1部

ダウンロード

3.診断書1部または当該の市・郡・区の公務員による現地確認書1部

- 医療法に基づく資格を有する韓方の医師が発給した診断書も認める。

調査:介護費用の給付申請を受け付けた市・郡・区庁長は、申請内容の事実関係を調査する。

  • 介護者の場合、介護に関する所定の教育を受けた者を原則とする。
    ただし、介護者受給が円滑でない場合は、介護できる者も認める(親戚者は除く)。

給付および返還:市·郡·区の調査内容に基づき、市・道知事は次のような事項に注意し、介護費用の給付または返還を行う。

표 예제
給付 返還
  • 介護費用の給付は申請日を基準とするが、過去90日以内の介護については、給付を行う(ただし、事情が認められる場合、事由書の提出を受け、当該年度に限り、90日が過ぎても給付可能)。
  • 虚偽またはその他の不正な方法により介護費用が支払われた場合、または間違って支払われた場合は、当該金額の返還を求める。
  • 介護費用の返還決定書および納入通知書を納入1ヶ月前までに返還対象者に通知する。
  • 介護費用の返還には利子を適用せず、元金のみの返還となる。
  • 介護費用の給付は申請日を基準とするが、過去90日以内の介護についても給付を行う(ただし、事情が認められ、事由書を提出した場合、当該年度に限り90日が過ぎても給付可能)。
  • 虚偽またはその他の不正な方法により介護費用が支払われた場合、または間違って支払われた場合は、当該金額の返還を求める。
  • 介護費用の返還決定書および納入通知書を納入1ヶ月前までに返還対象者に通知する。
  • 介護費用の返還には利子を適用せず、元金のみの返還となる。

介護費用支援は、介護費用を必要とする「慰安婦」被害者本人を直接支援することを原則とするが、認知能力の不足、その他の事情が認められる場合は、保護者または介護者への直接支援も可能(例外的に認められるだけで、追加確認および実態把握に徹すること)。