바로가기 메뉴 본문내용 바로가기 메인메뉴 바로가기

주요안내

HOME Sitemap
choose language 한글 ENG 中文 facbook link
menu
close
 
메뉴선택 메뉴 △메뉴 ▽
HOME

제목

프린트하기 주소복사


証言の意義

おばあさん, あなたの勇気ガボ美しぃです

日帝時代の「慰安婦」に関する文献資料は、日本が降伏した1945年8月15日前後の数日間、想定される連合国軍による戦争犯罪の追及を回避するために旧日本軍と政府によってそのほとんどが焼却されたか、あるいは現在残っている資料の中でも重要な文書は日本政府が公開していない。そのため、慰安婦生存者たちの証言など口述資料は、当時の歴史復元のために重要な意義を持つ。

2006年亡くなった北朝鮮の朴英深(パク・ヨンシム)さんの場合、中国嵩山などで「慰安婦」として経験した惨状に関する本人の口述証言だけではなく、雲南省昆明の米軍管轄捕虜収容所で生活していた当時、米情報当局が作成した報告書及び写真、雲南省に参戦した元日本軍の速水正憲氏の証言などが発掘され、史料として重要な価値を持つ代表的な事例である。

1991年8月金学順(キム・ハクスン)さんに端を発した生存者の公開証言は、旧日本軍「慰安婦」被害者の方々の名誉回復に貢献しただけでなく、被害者の方々を歴史の生き証人として、また平和の覚醒者として勇気づける力となっている。